So-net無料ブログ作成
検索選択

辛源くん [お芝居]

MITSUKOの感想をなかなか書けずにいますが
今日は、その作品に出演中の辛源君のことを少し。
MITSUKOに出演し、ヨーロッパの父と言われるリヒャルトを好演している
辛源くん。
かなりはまってます[ハートたち(複数ハート)]

声がねぇ、話し方がねぇ、素敵なの☆
甘くて優しくて。
顔もかわいいのです。
それでもって歌うと凛としてて。

あの高音ロングトーンで歌い上げる「パンヨーロッパ」を見事に歌います。
とても盛り上がる、思想を歌った壮大な曲なんです。

リヒャルトと辛源くんのバックボーンが一緒なせいもあるからか、
リヒャルト役がぴったりです。

昨年の三月でルカスくん、井上くん、万里生くんのリヒャルトを観てしまっている私のなかで
リヒャルト枠のハードルは高かったのですが、そのハードルを難なくクリア[exclamation×2]
とにかく素晴らしいの!

今まではチラシやWEBでしかお顔を拝見したことがなくて
舞台で見るのは初めて。
リヒャルトが歌のお上手な人でありますように!
と思って観劇。

登場シーンの「僕たちが青春を過ごす町は・・・」の一声からやられましたね
また、その時の振り付けがエリザベートのルドルフ的[グッド(上向き矢印)]



まー、とにかく、素敵なのですよーー!!



観劇前は、万里生くんのリヒャルトじゃなきゃいや!って思っていたのですが
源くんのリヒャルトを観たら、そんな思いはあっさりと消えて(苦笑)
万里生くんもリヒャルトをやればよかったのにーという思いになりました。

セリフ、歌、しぐさでもツボになってる部分も沢山です[グッド(上向き矢印)]

「天使だ!」って両手を挙げるところとか。
パンヨーロッパ♪の「だからこそ今!」とか
歴史は動く♪の「道をーさ・が・す」「ドイツもソ連も負け~」とか。

ラストでは百合子さんとラブラブ[ハートたち(複数ハート)] おでこにキスもしちゃいますよ[揺れるハート]
もうっーーー[ハートたち(複数ハート)]

リヒャルトがダブルキャストなので
ハイライト版CDのリヒャルトの歌が、どんな風に分けられるか気になります。
源くんの声で全部聞きたいよー。


こんなお顔、声なのです。
[かわいい]http://www.asahi.com/showbiz/stage/spotlight/OSK201105200012.html
[かわいい]http://astand.asahi.com/entertainment/starfile/OSK201105200040.html?iref=stagetop動画はこちらで
[かわいい]http://video.asahi.com/viewvideo.jspx?Movie=48464139/48464139peevee389032.flv

経歴がすごいのです。
そして大学卒業後もNYで演劇を学んでいるとても向上心のあるかたです。
ローンを組んでNYで勉強しているそうです。



1987年2月11日、韓国とイギリスの両親のもとロンドンで生まれる。ウエストエンドミュージカルをはじめ、様々な舞台芸術を観て育つ。幼いころから俳優を夢みてきた。中高を神戸で過ごす。中学時代に出会ったサックスとギターを愛する。  17歳の時、自分のルーツを知るべく1年間韓国の高校へ留学し、世界が広がり始める。早稲田大学在学中、スタニスラヴスキーの本と出会い、演技の奥深さに感動する。演劇史、映画、ポストモダニズム、哲学、英文学、政治、ビジネスを学ぶ。  2007年、米国ペンシルベニア大学に留学。学内のパフォーミングアーツに参加し、はじめてオフブロードウェイで活躍する学生たちと共演する機会を得、その実力の高さに感動する。 ブロードウェーを目指し、現在はニューヨークのT.Schreiber Studioで勉強中。興味は演出、脚本へと広がる。英語圏とアジアで生きてきた背景を生かした作品をつくりたい。 尊敬する演出家はカナダのロベール・ルパージュ。 2008年、東宝シアタークリエにてブロードウェイミュージカル「RENT」でエンジェル役として舞台デビュー
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。